公共政策ラボ 会員募集再開!

7月14日のセミナーチラシができました。

2018.06.14

今日は6月14日、ちょうどひと月後の7月14日に開催する~「それホンマ?」ファクトチェックとは~と題するセミナーのチラシが出来上がりました。
今回のセミナーは何度かお知らせしていますが、元NHK記者で、最近精力的に著書を出されている立岩陽一郎さんを招いて、「ファクトチェック」について考えようというものです。

現在の進行予定は立岩さんから「ファクトチェック」についてのお話をしていただいた後、実際に「これホンマ?」やろかという事案に具体的なアプローチをする、ワークショップ的な流れと、最後は私と立岩さんのクロストークをするつもりです。

今回のセミナーでは立岩さんが楊井人文さんと共著で出された「ファクトチェックとは何か」というブックレット(岩波ブックレット)をお付けして、解説もお願いすることにしています。

資料代としてこのブックレット込みで1500円。既にお持ちの方は1000円です。
なお、公共政策ラボ会員の方はそれぞれ500円引きになります。

事前にメールでお申し込みくださいませ。メールお申込みはこちら。

これを機会に是非公共政策ラボ会員にお申込みいただければ幸いです。
公共政策ラボ、会員募集のページはこちらです。

「どないするんやろか?」とお感じになる方もあるでしょうね。それを立岩さんに解説してもらうのですが、ブックレット第2章基本ルールから一部引用しますと、

①チェックすべき言説を選択、特定する
②事実かどうか、裏付けとなる証拠があるかどうか調査
③調査の結果に基づきその言説の正確性評価を行ない
④記事化する (ブックレットP.21)

となっています。
最も重要な点として、ファクトチェックは事実に関する言説を取り上げるもので、意見や見解を述べたに過ぎない言説の評価をするものではないとのこと。(前述P.22)

どうでしょうか。去年の解散総選挙の際から様々なファクトチェックの実態をネットでは配信されてきましたが、立岩さん本人からそうした裏話も聞けるのではないかと楽しみにしています。定員60人の小さな会場です。お早目のお申し込みをよろしくお願いします。

これまでの記事