公共政策ラボ 会員募集再開!

7月セミナー動画

2015.07.23

公共政策ラボ7月セミナー動画UP

森教授をお迎えしての「7月セミナー」の動画

公共政策ラボ 7 月セミナーは、『大阪を知り・考える市民の会』が新たに市民学 習会を開くことになりましたので、同会のご厚意に甘え、(大阪を知り考える市 民の会・公共政策ラボ・翔の会)三者共催の形で開催いたしました(7月14日:NSビル)

講師は立命館大学 政策科学部 森裕之教授 1967 年大阪府生まれ。大阪市立大学商学部、同大学院経 営学研究科後期博士課程中退後、高知大学助手。その後、 高知大学専任講師、大阪教育大学専任講師・助教授をへて、 2003 年から立命館大学政策科学部助教授。2009 年よ り同教授。財政学とくに地方財政と公共事業を専攻。また、 社会的災害(アスベスト問題など)についても公共政策論 としての立場から考察。市町村や都道府県の財政を通じて 住民生活や企業活動にどのような影響を及ぼすかを主に 検証しています。

3月セミナー動画

2015.03.26

3月セミナーの動画をご覧ください 

テーマが「なにわの文化ええもんや」ということで、これまでの味わいとはちがう
内容で、参加された方々は、どうなのかなあ?という表情でしたが、話が進むうちに
笑福亭竹林さんのさすが噺家の話術と平松代表の絶妙な合いの手で、場内は
“知的な爆笑”に包まれました。

内容は文化論、教育論、子育て論にまでおよび、平松さんの小噺入門の
おまけまでついて、全員満足のセミナーでした。

ラボでは好評につき「なにわの文化ええもんや、その2」も計画しています。

当日の動画はこちらからご覧ください。

9月追加セミナー動画

2014.09.30

9月追加セミナーの動画をUPします

公共政策ラボでは、大阪W選を控え、9月2回目のセミナーを
開催しました(9月24日実施)

テーマ   『大大阪時代からみる大阪 ~その4
(関一の壮大な大阪をみる視点を学び、大阪独自の成長の道を 探る)
その4は戦災・復興・天然災害がテーマです

  師    立命館大学 政策科学部 森浩之教授

2 / 212
これまでの記事