公共政策ラボ 会員募集再開!

宮本先生インタビュー③「都市格とは」

2019.10.09

前回住民投票直前にお話をうかがった滋賀大学、大阪市立大学名誉教授の宮本先生インタビューの3回目書き起こしです。この回は「都市格について」です。いつものように、書き起こしテキストを後半に貼り付けます。動画は9分少々です。
なお、書き起こしに際しては括弧や段落は独断で整理させていただきました。ご容赦くださいませ。

動画はこちらです。

「都市格について」

「都市格というのは、人に人格があるように都市にも都市格があるべきだと。
実はこれは大正15年に關(第7代大阪市長)がいい、政策というのは科学の土台がなきゃならないというので東京に対抗して大阪都市協会を作って、そこで「大大阪」という、これも戦前には水準の高い雑誌を出していまして、その「大大阪」の発足の記念の集会がありました。
記念の集会の時に大阪府知事だった中川氏(望)が、「単に経済の街に大阪をしてはならない。やはり文化や、あるいは、みんなが図書館に通って本を見るような、そんな街にしたらどうだ。都市格というのは必要なんじゃないか」といったんですね。
それを受けて毎日新聞の、後に会長になった岡実、關一の親友だったんです。一緒に仕事して、工場法などを作ったりした人なんですが、彼がですね「日本には天子のいるみやこはある。しかし都市はない。しかし大阪は自由な市民の都市にしてほしい。これが都市格だ」といったんですよね。名言でしたね。
つまり権力のみやこじゃない、自由な市民の都市というものを発展させるのが都市政策であり、都市なんだというね。そしてそれが都市格の高い街だということを言ったんですね。私はこれを受けて、大阪は戦後ですねいろいろ言われて、例えば下衆の街になった。昔は大阪よかった。なんでこういう下衆の街みたいになってしまった。もっと文化というものは、大阪が誇っていた文化っていうのを取り戻さなきゃいけないと言ったんですが、まさに大阪がこれから狙うべきは、環境と文化の高い、つまり世界の大都市はみなそれを狙ったわけです。
今更、経済発展ということではないんですね。どこの都市も自分の都市格を誇るというのは、環境と文化にあるわけですね。それを考えて都市格というのを改めて大阪の目標にしてはどうかと提案したんですが、驚いたのは、一番先にそれを受けてくれたのが、大阪商工会議所の会頭になった時、なる前か、大阪ガス社長の大西さん(大西正文氏)が、僕のところへ職員を派遣しまして、「先生、都市格とはどういうことをいって都市格というのか」と来られたので、都市格というのは自由都市でかつ環境と文化の高い、關一がいったように「住み心地の良い都市」を作るのが都市格なんだって言ったら、賛成だということで商工会議所の会頭になったとき、会頭の就任の挨拶の時に、「都市格」を宣言されましたね。
都市格を向上させるということで、「都市格について」という本を出されたんですが、やはり財界人も、本当に大阪を東京とは違う、いわば独自の高い都市格を持つ街にしたいっていうことを願っているんだってわかったんですが、残念なことにその後の商工会議所の会頭や関経連の人たちは、必ずしも大西さんの言った、彼はいくつもの同時に個別の目標を出しているんですが、それを捨ててしまったんですね。
それ以後どんどん東京に本社を移していくんですよね。これは困ったことだと思います。戦前の大阪の財界人というのは、権力あるいは官僚統制に反抗して、大阪という街を支えるって意気を持っていたんですね。
佐高信氏が書いた「電力と国家」の中で、関電の前身であった、宇治電を支えた、一番長く社長した人ですが林安繁さんという方が戦争中に官僚統制に反抗して自由な大阪を主張していたことを紹介していましてね。
やっぱり今回の大阪都構想の中で一番気に食わないのが、権力と恐怖のみやこにしたいんじゃないかと、研究者の言うことをちっとも聞かない、そういう町では都市格というのははなくなってしまうんですね。世界の都市が、今グリーンシティーだとか環境と文化を主張しているときにね。それを大阪の中で最も早く実現するような街にして欲しいと思いますね。」

一気に語ってくださった宮本先生に締めの言葉を頂きました。

「大阪都構想の是非を今回問うているわけじゃないんですね。新聞が非常に間違ってるんです。これは大阪市を廃止して大阪市を五つの区に分割するというだけの話で、大阪市を廃止していいのかどうかということを問い詰められているわけですね。そして先ほどから言いましたようにに歴史的に誇りのある、そして都市政策をリードしてきた大阪市、そしてまた社会的な弱者を、保護しようということで前進してきた大阪市のこの伝統というものを崩さないということが、今度の投票で問われているところですので、是非、大阪市を廃止しないように考えていただきたい。そして投票にいっていただきたいと思います」

以上2015年の5月7日にお聞きしたインタビューを、当時、3回に分けてユーチューブにアップしましたが、2度目の住民投票が確実視され、しかも維新の会の市議、府議会議員の圧倒的な数と、方針を変更した公明党の動きなどから、予想される住民投票は、私たち反対票をという運動をした側からみると、「大阪市が消滅する」という危惧が計り知れないほど大きくなっています。

今、原点にかえって「何故大阪市を潰さねばならないのか」という基本的な疑問と共に、「大阪市」が担ってきた役割や、精神を思い起こし、法定協議会なるもので決められようとしている「特別区案」をも、結局は「大阪市を廃止したい」という人たちの本音をあぶり出していければと思います。

 

宮本憲一先生インタビュー②

2019.10.08

昨日アップしたインタビューの続きの動画を文字起こししました。前回住民投票の直前に宮本先生に伺ったものをテキストとしても残したいと作業しました。今回はインタビューと言いながら、先生のお話に口をはさむ余地もなく、一方的に聞かせて頂く形になってしまいました。今や、風前のともしびとなっている「大阪市」。宮本先生のお話を聞いて、大阪市民の皆さまに、今お住まいの「大阪市」がどんな町で、国の政策をも引っ張ってきた歴史をもっていることに「誇り」を感じて頂きたいという思いをさ更に強くしました。

動画はこちらです。

そして、宮本先生のお話の書き起こしテキストです。なお、文中のカッコや行変えなどは私の独断で構成しております。ご容赦くださいませ。

「大阪市民の誇りとは」

「大阪市は戦前の大正の終わりから昭和の初めにかけて日本の都市政策をリードしていたのですね。
都市計画を考えたければ大阪を見よというふうに言われていたわけですね。それは何故かっていいますと、関一(せきはじめ)という一橋の教授で政策論の大家だったんですが、池上さん(第6代大阪市長:池上四郎)という市長に呼ばれて、大阪市の助役になり、その後大阪市長になって、20年間、これは珍しい例だと思いますが、20年間市政を担当したわけですね。
関一という人が経済政策論、交通政策論、商業政策論、社会政策論など、一橋でそういう政策論を、すべてといってもいいほど担当していた人ですが、特に社会政策、彼は「都市社会政策」という言葉を使って、我々にも非常にその後の学会に影響を与えてるんです。
社会政策というと、国家が例えば生活保護をしたり、あるいは労働対策をするのだけれども、それだけでは、実は労働者の生活や市民が生活はよくならない。都市に「都市の社会政策」が必要なので、つまり労働者の住宅とか保健所とか保育所とかですね。あるいは商業的な施設だとか生活環境施設、公園、例えばスポーツ施設とかですね。そういうものを揃えなければ、賃金を上げる、労働条件を良くするだけではだめだと考えたんですね。
この非常に新しい、現在に通ずる、「都市政策」というのはそういうものじゃなきゃならないんですけれども、そういう都市社会政策というのを、彼の社会政策論の中で提起するんですね。

彼は市長になった時に、まず考えたことは、大阪は「近代的工業産業都市」にならなければないと考えたので、今皆さんが知っているような御堂筋をはじめとする道路のネットワークを作り、大阪港を作り、それから一時期は電灯会社を作り、市電を作り、地下鉄を作り、つまり今大阪が持っているインフラ、社会資本といわれているものを、ほとんど計画、あるいは整備した人なんですね。
ところが彼は、これは大阪のいわば「骨格」なんだ。本当に大阪というものを血の通った人々の住む街にするにはこれだけではダメだと自分の都市政策の目標は「住み心地良き都市」を作るという、スマートな言葉でアメニティのある街を作りたいと彼は語ったんですね。そこでそういう「住み心地良き都市」を作ろうとすれば、一番の土台は一番貧困な層、あるいは労働者階級のための住宅、生活環境から出発しなきゃならないと考えまして、道路だとか鉄道とかいう骨格が終わった後の第二都市計画で彼が一番力を入れたのは労働者住宅、それから環境ですね。
彼は飛行機にまで乗って煙の都といわれた大阪の煙をいかに少なくするか。これは大成功するんですけどね。そのために衛生試験所をつくって、これは日本で最初の大気汚染の経年計、毎日のデータをとってそれで煙を少なくする。そういう作業する。それから水都を再生しようということで、中之島のあたりの開発。市民のいろんな寄付がありました。中ノ島の公会堂を建てたり、あるいは大阪城を再建したり、そういう環境整備をする。そういうことをに力を尽くしたんですね。
ある新聞記者の著書に献辞してくれと、はじめの言葉を書いてくれって頼まれて、いい言葉を言ってんですが、「煙突の数を数えるだけではダメだ。下を向いて労働者の生活を見よ」っていうんですね。だから彼が初めて高野岩三郎という日本の統計学の先駆なんですけど、社会問題研究所の高野岩三郎と組んで、日本で最初の労働者家計調査や住宅調査をやった。
これは膨大なもので、今でも私たちにとっては歴史的に貴重な文献になってるんですね。彼は科学者ですからそれを元にして、それで都市政策を作ったんです。もちろんあの日本の都市計画を作る時の中心人物でもありました。私はそういう都市政策を日本で最初に実現をした、この伝統っていうのが、大阪の中にずっと生きていたわけで、市役所に対しても批判ありますけれども、やっぱりその都市政策という点といえば戦後のですね、大阪市は日本ををリードしてきたそういう都市だったと思いますから、これはやっぱり市民が「誇り」としてですね受け継がなきゃならないんじゃないかと思いますね。」

宮本先生はここまで一気に語ってくださいました。私の「普通に暮らせるという基盤が昔に出来上がっておりなおかつその社会政策に関しても国を引っ張るだけの街であったと。国の政策が後からついてくるぐらいの街であったというということは間違いでございませんですね」という質問に対して

「そうですね戦後も、大阪市は一人もその天下り、人物を受けてませんよね。むしろ逆で、大阪市の職員が総務省や自治省に行って、そして都市政策を指導していたわけですからね。その伝統っていうのはやっぱり誇りにしなきゃならないんじゃないでしょうかね。」と答えてくださいました。

 

参院選、「N国」がもたらすもの

2019.08.08

 参院選後、なにかと表メディアに露出の機会が増え、実際に投票した方たちの「戸惑い」「賛同」「希望」「絶望」などの感情がはっきり分かれているのではないかと感じる。
「NHKから国民を守る党」の立花孝志党首の言動や、行動に関してである。
6年前の結党以来、彼を取材していたフリーライターの畠山理仁さんが、選挙ドットコムに、「N国」の立花氏のことを前編と後編で詳しく書いている。

 ネット選挙解禁になったことから、「諸派」扱いされる「N国」がとった戦術とはなにか。様々な選挙の現場を「国会に議席を取るため」を戦略とし、過激な発言や公職選挙法の裏をゆく「政見放送」のネット利用。従来の国民の代表となるべく切磋琢磨して、組織の協力を得、支持を広げるといった戦術が「陳腐」なものに思えるほど、徹底した「議員になるための戦術」が功を奏したわけである。

前後編を読んで、複雑な思いに囚われた。

 主要メディアが取り上げることのない「諸派」の候補が表舞台に飛び出し、なおかつ、「政党要件」を満たすまでにとった6年間の行動は、「普通の市民」が国会をはじめ、地方議員などになるには「絶望的な高さのハードルを超える」ためのあざとさを通り越した手法であった。

読後の感想は決して愉快なものではない。私が批判し続けている大阪維新のあざとさと強さ、「殆どの大阪人が知らないだろう」人が堂々トップ当選する現実。

 「選挙に行けば何とか現実を変えられる」と淡い希望を抱いていた人たちが、選挙に行くことすらせずに「寝て」しまい、一方で、「過激な発言」や「常識」というものとは真逆の言動を繰り返すことから、ネット社会で市民権を得、実際の投票行動に駆り立てる。

この間の政権与党の傍若無人ぶりなどから「あきらめ」の受け皿だと思って投票した人たちもいたはずだが、当選後の「政局」目当ての勢力拡大図などをどんな気持ちで見ているのだろうか。

NHKの受信料問題を云々したいわけではなく、「選良」だとか「国を代表する」だとか、本来の市民、国民の代わりに議会で将来、未来を考える人たちが増えることを祈るしかない気持である。

カジノ、パチ・スロについて

2019.06.07

NHK岐阜放送局のニュース番組の特集「ギャンブル依存症患者を支える」というタイトルがついている。

 フェイスブックで紹介してくれたのは「大阪を知り・考える市民の会」代表世話人の中野雅司さん。この特集を見ていて感じたことなどを書きます。

ギャンブル依存症にかかった人の殆どはパチンコとスロットという話だ。パチ・スロはギャンブルではないという法律の「くくり」ではあるが、いまや「遊戯」という名を借りた賭博で、ギャンブルそのもの。全国各地に膨大な数の台数が現存する。カジノに反対ということをいうと、「パチ・スロ」は放置しているのにという賛成論者なのか、全ギャンブル禁止論者なのかわからない人からの反論を見かけることもある。

中野さんが言われている「意図的にギャンブル依存症にする仕組み」というのは電子ゲーム全体に、のめりこませる刺激的な演出が豊富であったり、得られる報酬(金額を問わず)が多かったりすること。当たった時の快感は日常生活のわずらわしさをいっとき忘れさせてくれる、いわば逃避行動なんだろう。

子どものころ、父親に連れられパチンコ屋に行ったとき、立ち姿で球を一つずつ入れて、入賞口に入ると、それが何倍にもなって出てくることに驚くと同時に、景品としてお菓子がもらえ、子供心に「面白いなぁ」と思った時代があった。チューリップ(といっても知らない人がいるかもしれない)が出てくる前のことだ。

その後、フィーバー機の登場や、さらには確率変動なるものの連チャン機能など、射幸心を煽りに煽り、依存症になってくださいと言わんばかりの流れが定着、いっとき、全国で30兆円ともいわれる巨大マーケットに成長した。今や、大型店舗がどこの都市にいっても駐車場付きで存在し、昔ながらの駅前店は殆ど姿を消している。
日常生活が豊かで、心の余裕もあり、趣味を見つけることもできて、お金にも少しの余裕がある。そんな人には無縁の世界のはず。ところが現実生活は上記の前提条件を満たしておらず、日常、心、趣味などとは逆に縁遠い「依存症」という病名までもがつく人の数は、日本では圧倒的に多いという数字もある。
 
ビジネスとしてカジノ業界がある(それも巨大な世界資本)からには「負けるわけはない」ビジネスモデルが存在するのは自明のこと。つまり、そこへ「遊び」に行く人たちにとって「勝てるわけはない」場所だということをどれだけの人がわかるのだろうか。わからないから中毒状態になるし、過去の歴史を見ても賭博に嵌ってしまう人が増えることは、人々の勤労意欲をそぐことから、権力者の側から様々な規制がなされた。

今は、積極的に賭博場を誘致するために、国民の税金から禄を食んでいるはずの国会議員、権力者側が率先して「依存症患者」なるものを作り続けようというのが流れになってしまい、大阪はその先頭を走っている。

1.21街宣活動の動画

2018.01.23

先日の街頭活動。森村さやかさんが全部動画に収めてくれました。
駒川中野商店街前(45:21)

天王寺駅前(52:35)

私からのショートメッセージ(25秒)

街頭での話は歩いてこられる方たちへ向けてが殆どですから、どうしても繰り返しが多くなります。話題が繰り返されてるなと思われる部分までだけでもお聞きいただければと思います。

WithOSAKAさんがポイントを絞って編集をしてみようかといわれてますので、できあがったらまたご紹介します。

 

街頭署名活動第一弾を終えて

2018.01.22

1月21日(日)に公共政策ラボとして大阪市を知り・考える市民の会との合同街頭活動を実施しました。

午後1時から東住吉区の駒川商店街前で久しぶりの街頭活動。
私のSNSを見たよ…といって署名用紙を貰いにきてくださる方もあり、一時間ほどの街頭活動を無事終えました。2015年の住民投票反対票運動をした時、一緒に活動してくれたボランティアの方も顔を出してくれました。 (さらに…)

1 / 212
これまでの記事