公共政策ラボ 会員募集再開!

5夜連続学習会 No.3

2019.03.30

3月27日の連続学習会の動画です。

住友剛京都精華大学教授による「大阪の教育の喫緊の課題」のお話。
喫緊の課題…が多すぎて…。

多くの側面から「大阪の教育の現在」を浮き彫りにされた講座だと感じました。

こちらからご覧ください。

住友先生が紹介されたパワーポイントのデータはこちらです。

5夜連続学習会 No2

2019.03.30

3月26日の連続学習会動画です。

立命館大学森裕之教授ですが、最初に「私は財政のことを分かりやすく喋るのは人後に落ちないというか日本一だと思っている」といわれました。(動画の初めにあります)とっつきにくいという苦手意識は多くの人にあると思います。

当日の中継をご覧になった方からも、資料が手許にないのでなかなか理解できないというコメントも頂きました。編集のため森先生の動画を何度が視聴するうちに、最初のコメントがじわじわと浸みこんでくる感じがしました。解像度や編集の未熟さなどからまだまだデータ部分の引用が分かりにくいというご意見はあると思いますが、是非ご覧いただきたい思いです。
動画はこちらからご覧ください。

当日、森先生が紹介された資料はこちらです。
平成29年度決算書(大阪市)
資料1
資料2

 

5夜連続講座の記録

2019.03.29

「大阪を知り・考える市民の会」が3月25日(月)から29日(金)までの5日間、いつものNSビルで連続学習会を開いています。(今日が最終日)

第1夜元大阪市議、稲森豊さんの「夢洲は危ない!」に始まり、第2夜は立命館大学教授の森裕之さんによる、「大阪の財政」全体解説。第3夜京都精華大学教授の住友剛さんの「大阪の教育の喫緊の課題」。第4夜阪南大学の桜田照雄教授による「カジノは経済活性化につながるのか」、最終日の第5夜は全水道会館水情報センター事務局長の辻谷貴文さんで「水道民営化とコンセッション」

大義なき知事選、市長選を仕掛けてきた大阪維新の会に、これ以上大阪を壊されてたまるかという気持ちで、様々な発信をしてきたものの、なかなか届かないという思いは正直ありますが、その一方で彼らのやり方に対する批判も増えつつあると感じています。私の公共政策ラボも共催させてもらっていますが、既に4日間を終えて、本当に大阪が抱える問題点の多さと、それを市民がどう判断するのか、統一選挙も今日告示され、大阪市民は、4月7日の投票日に知事、市長、大阪府議、大阪市議の4種類の選択を迫られます。

「これだけは知って、投票に行こう!」というキャッチフレーズにすべての思いが込められたこのシリーズを私のホームページで動画を公開することで、さらに多くの人に今の大阪の状況を知ってもらいたいという思いです。動画の編集などほとんどやっていなかった私ですが、スマホの動画に当日の稲森さんの資料を重ねることはできました。解像度があまり高くなく、わかりにくいところもあるとは思いますが、全体的な「夢洲の危険性」については理解できると感じています。

第1夜 「夢洲は危ない!」の動画はこちらです。

稲森さんのお話の中で、沖積層と洪積層という地質のお話は殆ど初耳と言っていい内容でした。柔らかい沖積層と固い洪積層という認識だけだったのですが、最近の学説では洪積層も上の沖積層の重みや、その上の建築物等の重みで変形し、どこまで沈下するか分からないという埋立地の話は衝撃的でした。動画の6分ごろから、そのお話になります。

稲森さんの資料1(ワード原稿)
資料2

資料3
資料4

あぁ。テレビは…

2019.03.12

TBSの「ひるトク」で大阪問題の大特集をやっている。しかし、政局の話ばかりに重点が置かれ、「面白おかしく」話を進めている。
大阪都構想の本質「大阪市を潰し・4つに分割するとどうなる」という話がここでも置き去りに。
 
「世界」の4月号に森裕之教授が「都構想・万博・カジノ」を寄稿されている。P177から内容を抜粋、編集させてもらうと以下のようになる。
 
森先生は、まず「財政効果」に触れる。
あの住民投票では府・市合わせて、年間2~3億円程度しかプラスにならない一方で、初期コスト680億、年間運営コストが15億発生。
今回の「構想」では府・市は140億円という財政効果の数字を示したものの、このすべてが二重行政とは関係ない民営化・民間委託・経費節減であ、そうしたものを除外した財政効果は「たったの4000万円」しかなく、大阪市(特別区)ではゼロ!と喝破。
ゼロに等しい、「効果」に対して新たな負担は大阪市(特別区)だけで初期コスト520億円、年間運営コスト24億円と試算されていることを紹介。
 
「大阪都構想」はもはや検討に値する代物ではないと結論。
 
マスコミは本質を伝えることから背を向けているのではないかとすら思ってしまう。

どうなる知事・市長候補

2019.03.11

辰巳琢郎さんが自民党府連の知事候補打診のニュース、関係者の中では一喜一憂だろうな。
一連の動きを見ていて、選挙関係のこうした報道が陣営・有権者にとってどんな心理的要因をもたらすのだろうと考えてみる。
全国的知名度と知的イメージから、反維新側にとっては「待ってました」と盛り上がる雰囲気ができた。
一方の「乗り換え知事吉村陣営」にとっては「やっかいなことになった」という感じか。
それが、一転、「固辞」となると、その気持ちの逆作用が(私は)怖い。
候補選定の裏側という点では、私自身、2007年の市長選挙に臨む決断をする際にも様々な報道に直面した。経験上「これはここだけの話」というのがスルー状態で洩れまくったことがあった。
今回は自民府連からの要請という「正統な」ルートからのものだったように伝えられる。
日程にないイレギュラー選挙だけに「情報管理」をする暇もなかったのだろうが、辰巳さん側の反応は報じられた当初は「もう決まり!」的なニュアンスがご本人からもあったような報道もあり、「固辞」という結果になることで、自民府連の顔もつぶれ、次の候補者選定に大きな影響が及ぶだろう。

名前が出た最初のころには「松井(知事)さんとも面識があり、よくやっておられる。どうして対抗できるのだろう」という辰巳発言がどこかのネットニュース(探したのですが、見つかりませんでした。すみません)で見た記憶があり、正式要請を受けた際の「やや前向きな」感じとはずいぶん違うと思った。

そして、市長候補の名前が一向に上がってこない。この時点で維新の思うつぼにはまっているのではないか。つまり、「大阪府と大阪市は一体である。大阪市はいずれなくなるのだから、バリューとしては知事の方が高い」とでもいうかのような。

すったもんだ…という混乱はこの後も続くだろうが、スワップ選挙を仕掛けた維新側はほくそ笑んでいるだろう。知事選告示まであと10日ほどしかないのが現実だ。

Voice(MBS)の特集を見て

2019.03.06

3月5日に放送された毎日放送VOICEの特集「住吉市民病院閉鎖から1年取り残される小児医療…二重行政解消の余波」を見た感想をフェイスブックに投稿しました。それに加筆したものをアップします。
初めに取材を受けられた方は、北野病院に入院できたものの、その間お仕事を休まざるを得ない状況でしたね。

「住吉市民病院」は私たち大阪を知り・考える市民の会の学習会でもご紹介したように、税を投入する意味のある病院であり、特集の中でも触れられたように、患者を断ることのない病院として、地域の人たちだけでなく、大阪南部医療圏の小児・周産期医療を担っていました。弱者に寄り添う姿勢を貫徹できるのは「公立病院」だからこそできることです。「効率病院」ではありませんでした。

 

何のために税を納めていただいているのか。すべての人たちが安心して過ごせる環境を整備するためだという基本が、維新の政策姿勢にはなく、これだけ「お金」を使ったから「改革」、これだけ経費を削ったから「改革」。
ではその中身はというと、特に教育予算などを見ても、額さえ増えればいいというお粗末なもの。そうした側面に切り込めてはいませんが、そんなことを思わせる取材でした。
これまでの記事